読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッスル・メタルへの道       Road to WRESTLE METAL

プロレスとメタルの普及に人生捧げます。

壁は壊してなんぼ。。。

型にハメようとする周りと

反抗するワタシ

 

20代半ばバンド活動を辞め

世の中の人たちと同じような

生活をすべきと勝手に思い込み

就職し

結婚し

子供が生まれ

周りの人間が

言う言葉は決まって

もう仕事以外のことはするなxxx

 

プロレスとメタルミュージック

のこと以外なーんにも

知らない世間知らずのワタシは

言われるがままそのレールに

飛び乗った。。。

 

そら色々葛藤あったよ

音楽やりてー

バンドやりてー

プロレス行きてー

でもね

まずは家族と幸せに

暮らしたい。

嫁の笑った顔が好き。

子供のチチ臭い匂いが好き。

いつ、どこへでも

3人は一緒。

ケンカもしたし

父親ぶって怒ったこともあったし

病気になって入院した時は

アタフタもした。

朝はやーく起きて

遊園地行ったり

プール行ったり

帰りの車の後部座席で

二人がぐったりしてるのを

ちろちろミラー越しに

確認して

父親としての達成感を

再確認したり。

 

結婚した当初の夢は

子供とキャッチボールすること。

それが行き過ぎて

巨人の星状態に

なってた時期もあった。

それを嫁がまったくもうってな

あきれ顔しつつ見守ってくれた。

 

それから随分時間が経った

相変わらず嫁のことは大好きだ

彼女なしではこの先も生きて

いけないでしょう。

息子も大きくなっちゃった

身長だけでいえばボクを越えた

185cmぐらいなのか?

ボクが見上げてしゃべってる

その彼もやっと進路が決まった

段々頼もしくなってきてる

これで良かったんだと。。。

 

でもその一方で

以前のバンド仲間達がいまだに

バンド続けているのを

遠目にうらやましく眺め

音楽の輪を広げていってるのを

Facebookとやらで

突きつけられて。。。

 

なんだこの

得体の知れない敗北感は

 

1歩踏み出した人間と

1歩下がった人間の差なのか?

 

自分の感じ方次第なのは

わかってるつもりではあるが

 

受け入れられない自分が

ここにいる。

 

それはただの嫉妬だ

受け入れなさい

認めなさい

許容しなさい

それでは今日のナンバーは


Accept - Balls to the Wall

ボールス トゥザ ウォーメン

ボールス トゥザ ウォー!