読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッスル・メタルへの道       Road to WRESTLE METAL

プロレスとメタルの普及に人生捧げます。

押せよ、そのスイッチ。。。

今日は音楽もプロレスも

無い話

40数年生きてきて

人生最大の岐路に立った

オレ。

前向きゃいいのか

後向きゃいいのか

右向きゃいいのか

左向きゃいいのか

よくわからない

 

組織の長にいわれるがまま

動いてきたつもり

元々その長とは波長が

合ってはいなかったが

目先の生活の為

報酬を貰う為

黙々と業務をこなす

ただ5年、10年、月日が経つと

その長とワタシだけの体制では

自然に防衛本能が働くの

心がシャットダウンするの

そうしないと次の業務に

移れないから

 

小さいいざこざから

大きいいざこざまで

15年溜めに溜め込んで

パンパンに膨れ上がってしまった

少し触れるだけで

割れるのは明白だった

割ったのは自分だって言われたけど

そうじゃないよ

アンタだよ

 

歪んだ感情を全て受け止め

られたらそんな楽なことはない

人間だから

笑うし

喜ぶし

泣くし

怒る

いくら長が社会一般論を

ワタシに問いただしても

その小さなコミュニティ

に社会一般論は存在しない

そこにあるのはエゴと抑圧

と服従。

おれはロボットじゃない。

 

この先もずっと

こんなことが続くのかと

想像すると

人生の選択し直したくなっちゃった

 

たしかに自分が未熟であったが為の

憤りもあっただろう

白といえば白

黒といえば黒

社会がそんなもんだって

知らなかったから

信じたくなかったから

 

 

行きたい場所はある

でもそこにオレの居場所が

果たしてあるのか?

作れよってことなんだけど

不安しかないわ

 

でも踏み出さないと

何も始まらない

 

今日やっと始まった。

押せ

そのスイッチ

 

人生スイッチ [DVD]

人生スイッチ [DVD]