読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッスル・メタルへの道       Road to WRESTLE METAL

プロレスとメタルの普及に人生捧げます。

自滅と自爆。。。

HARDWIRED TO SELF-DESTRUCT

自滅システムに組み込まれているんだ

 

ほんとそうだよ

 

新天地で労働しだして早二十日

上司との人間関係は良好である

今はまだ外様だからね

上司も外部にワタシを受け入れて

正解だった旨を言ってくれているらしい

嬉しい限りだ

以前の社でもやっていた自分のスキルを

最大限生かす業務をサラッとやってしまうと

今の上司は感心した様子で

提出した代物をうなずくように

何度も眺めてらっしゃった

以前の社では絶対になかったこと

逆にこんなものと吐き捨てられ

以前の長が自らやり直し

クオリティが著しく下がるという

事が何度もあった。。。

 

ワタシの20年は一体なんだったのか

決して無駄とは言わない

が、

相当遠回りした気分だ

 

でも手放しでは喜ばない

いずれお互い慣れてくれば

要求が上がる

それに応えられなければ

評価は下がる

これが勤めを選択した者の運命

その代わり余計なことはしなくていい

最終最後の責任もワタシでなく

上司になる

はず。

 

でもこのままで良い分けない

這い上がるために

今自分に足らないものの補充を

行っておく

失敗しない為に。

 

何故またこんな重い事を

思い出したように書くのか

それは忘れない為

あの時の

あの屈辱を忘れない為

死ぬまで夢見る為

今に馴れると

それで良くなる

それは絶対にダメ

常に上へ行く気持ちを忘れるな

そうじゃなきゃ。。。

新天地の同僚

出戻りの同僚が

生意気な小僧同僚に

偉そうに人生談義をしている

ワタシに対しても

敵対心を持っているようだ

外に出て追い込まれて

元サヤに収まって

今度は追い込む方に回りやがった

ワタシが今一番見たくない光景

コイツは元サヤに収まった時

見聞を広げてきましたと

会社を大きくする為に戻って来ましたと

大見栄を切った

えらく前の会社で大活躍したもんだと

そんなヤツが今ここに何故戻ってきているんだ

こういう人間にだけはなりたくない

反面教師として目の前に居てくれてるのか?

なら礼を言う

THANK YOU FOR NOTHING!!!

オレは自滅システムには組み込まれたくない

 

自分の道を歩く

守りたいものの為に我慢する

その為に今を生き抜く

絶対に自滅なんかしない


ORIGINAL METAL SONG // THE LAST RIDE