読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッスル・メタルへの道       Road to WRESTLE METAL

プロレスとメタルの普及に人生捧げます。

Cから始まる序章。。。

相棒から

はよC始めろやと言われ

渋々Cを見渡すオレ

 

Cはね

オレにとって聖域なの

なんてたってTHE CULTを

スルーするわけには行かないから

 

昨日"GO WEST"を聴いて

久しぶりにCULTに触れる

 

CULTに巡り会った最初の曲は

"RAIN"


The Cult - Rain HD

ヴォーカルのイアン・アストベリーの声に

衝撃を受ける

なーんてかっちょいいの!

ソレ以来

ワタシの中のヴォーカリスト1位は

常にイアンであります。

 

ラブ(エクスパンデッド・エディション)(リマスター)

ラブ(エクスパンデッド・エディション)(リマスター)

 

 なんのシングルかはわからないが

カップリング曲で

"THE SNAKE"という曲があるんだけど

これがすっごく好きで

ワザと気分を落としたい時に

聴くのよ

日曜日の夜とかに聴くと

あー明日月曜かぁ

学校行きたくないなあ

"THE SNAKE"聴こう。。。

みたいな、

そんな感じ。。。

独特のリズムと

淡々と同じフレーズを繰り返す

ヴォーカルとギター

ほんとコレ聴くと落ちるわあ。。。

 

で、1stに遡ると

 

Dreamtime

Dreamtime

 

 "HORSE NATION"


The Cult Horse Nation Rockpalast Munich 1986

この曲は前身バンド

DEATH CULTのアルバムにも入ってます

 

イントロがねかっこいいの

 

God's Zoo

God's Zoo

 

 なんかアーティスト名

BROTHERS GRIMMになってますけど。。。

これDEATH CULTですよねえ

オレ持ってもすもん。。。

ブラザース・グリムって曲入ってますけど

 

SOUTERN DEATH CULT時代から

 

The Southern Death Cult

The Southern Death Cult

 

 いわゆるゴシック系と言われる

ジャンルを構築していた彼ら

ワタシはあんまりゴシックというふうには

捉えてなかったですけど

 

まあ、ビリー・ダーフィのグレッチサウンドが

キラキラ音出してましたから

(因みにサザンの頃はビリーまだ居りません)

 

そして衝撃の3rd登場

"ELECTRIC"

 

エレクトリック

エレクトリック

 

 高校生

ギター始めました

これやるっきゃないでしょ!

全編シンプル・ハードロケンロー

捨て曲一切なしの超名盤!

 

1st,2ndとのギャップなんてなんのその

未だにTHE CULTを聴き続けている人は

この"ELECTRIC"を大いに引きずってらっさる事と

思います。

ワタシもそのうちの一人

ある意味教科書のようなアルバム

 

人生で最も影響を受けたアルバムのひとつです。

 

おっともうこんな時間

まだ3枚しか紹介してないのに

このアルバム以降のCULT

残りはまた今度

おまけにCは他にも紹介したいの

あるんだよ!

それもまた今度

ひっぱるねーーー


The Cult - Wild Flower