読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッスル・メタルへの道       Road to WRESTLE METAL

プロレスとメタルの普及に人生捧げます。

追いかけるのは球か夢か。。。

独り言

ワタシは

何事も一生懸命に何かに取り組んでる人を

見るのが好きであります。

特に小さい子が一生懸命取り組んでるのを

見るのが好きであります。

小学校4、5年ぐらいまでで

小学校6年生になると

それが上手かどうか本人が

大体わかってくるので

あまり興味ありません

3、4、5年生ぐらいの

下手クソだけど

いまいちコツもわかってないけど

好きで好きでどうしょうもなくて

ひたすら頑張ってる姿を

眺めてるのが好きです。

 

具体的に言います

 

野球少年が好きです

それも熟れた子じゃなく

下手だけど野球するのが

好きで好きでたまらない

上手になりたい一心で

ひたむきに頑張ってる子を

見ていると目頭が熱くなってきます

 

もっと具体的に言います

 

自分の息子が野球にまみれていた頃が

とても大好きです。

今でも自慢の子ですが

特に小学校3、4、5年の時の

下手なりに練習して

試合にもあまり出てはいませんでしたが

それでも野球好きだから

一生懸命励んでいた時の姿は

今でもはっきり覚えています。

 

ワタシが仕事から帰る夜の8時頃から

二人で夜の公園に出動して

巨人の星の如く

特訓に明け暮れていました

息子もイヤな顔ひとつせず

巧くなりたい思いを糧に

3年間ほぼ毎日夜練習していました

健気でしたねえ

 

早く巧くなって欲しかったので

結構無茶な練習させたりしてました

それでもやり切ってましたよ

いつの頃からか嫁も参加して

3人で夜な夜な野球してました

 

あの頃、ワタシはまったく音楽やってませんでした

捨ててました

子供と過ごす時間が楽しくて

子供と野球してる時間が尊過ぎて

音楽がほんとちっぽけに感じてました

あーそんな頃もあったなあという感じで

お父さんしてました

 

そんな息子はんも

とうとう大学行く年頃になってしまいまして

月日が経つのが早いです

あの時の健気な息子は何処へ?

 

今の息子も可愛いヤツですが

これまた愛想がなくて

ぶっきらぼうで

パンクで

メタルで

ドラマーで

 

野球どこいったんやああ

 

大谷翔平くんメジャー行くっていうてはりますよお

 

息子に

もう野球せーへんの?って野暮な質問したら

「は?」

一蹴されました。。。

 

でもいいんです。

ほんとに貴重なあの時間を共有してくれた

だけでも感謝してます。

あれはワタシの父親としての特訓の日々でも

あったんです。

 

さて、来年からはバンド編始まりますよ

息子はん

覚悟してくださいよ

特訓始めますよ

また。

まずはこの曲からね


ORIGINAL METAL SONG - CALF BRANDING